FC2ブログ

Poetry of the end of the century 

きょうは少しだけ過ごしやすいかな・・・いよいよ名古屋に向けてラストスパートだよ・・・週末には作品を送らなくちゃならないから水曜までが勝負だなぁ・・・金曜には作品にタブローをかけたいからね!!

でね・・・オイル・オン・ペーパー何点かはまた持参だよ・・・毎回同じこと繰り返してる見たいけど・・・僕は筆が遅いんだよ(^^)

じゃあ・・・きょうも僕のfavoriteのこと書こうかなぁ!!

もう10年も前のTVドラマなんだけど・・・みんな・・・覚えているかなぁ!?

視聴率も確か平均14.7%くらいだったからな・・・物凄いヒットってわけじゃなかったし・・・知ってる[覚えてる]少ないかもね!!

「ハローベイビー・・・」ってラストで流れるやつ・・・[世紀末の詩]全11話だよ・・・山崎努の一言一言が心に沁みるんだよねhttp://alived.com/blue/lastsong/script.html

でね・・・僕の一番好きなのは第5話かな三上博史の表情がたまらないだろうhttp://jp.youtube.com/watch?v=vo4lY9bfqtQ

↑↑彼は強盗をしたんだ・・・で・・・直後に事故に遭ってね・・・実は彼女はそんな彼を絶望の淵から救ってくれた天使だったんだよね!!

ラストの回はこんなセリフなんだ↓↓ちょと照れるようなセリフなんだけど・・・いいだろう(^^)

ハローベイビー

愛って風船の形をしてるんだ
プーッと息を吹きこんで
苦しくなったら交替しよう
割れないようにキュッと結ぼう
赤、青、黄色それぞれに
色鮮やかな愛が上がるよ
時には風に流されよう
時には雨に打たれよう
いつか降りゆく場所さえも
僕と君は一緒なんだね

やっぱ野島伸司B級な素直さが僕は好きだよ・・・夏休みにまたじっくり見てやろうかなぁ⇒http://alived.com/blue/

We'll Always Have Paris 

きょうは暑かった・・・もうじき名古屋三越の展覧会[7月15日?21日]が始まるんだけど・・・夏休みまではもう一息だね・・・ようやくこれで上期も終わりだよ・・・夏休みにはちょと気分転換とメタボ対策で尾瀬にでも出かけて見ようかなぁ(^^)

年内の展覧会のスケジュールも全部固まったし・・・ぼちぼち来年の分も固めていかないとね!!

10月に7年振りに帯広に行くからね・・・北北海道のみなさん・・・楽しみに待っててね??

「そんな昔のことは忘れた」なんて冷たいことは言わないでね・・・って・・・たいがいの人は・・・このセリフに聞き覚えあるだろう(^^)

あの映画だよ⇒カサブランカ・・・僕も20代の頃はリックに憧れたもんだったんだけど・・・いまの若者には受けないんだろうなぁ・・・きっと(^^)

映画の中でハンフリー・ボガードの口からこれでもかってほど・・・ちょとキザってかカッコいいセリフが出てくるんだけど「俺達にはいつもパリの思い出がある」・・・っていうのが僕の一番のお気に入りかなぁ!!

にはそういうのってあるだろう・・・だれでも・・・女に[秘密]があるように(^^)

でも・・・イングリッド・バーグマンは綺麗だけど・・・このころは主役級の映画スターって言えば容姿端麗って相場が決まってたのに・・・ボガードが二枚目じゃないのもいいよね!!

で・・・セリフや行動はっぽくて思いっきりいい男だろう(^^)

そういえば10年ぐらい前・・・銀座の某画廊の受付のおねえさんに・・・「あまり格好よくないのに格好いいことしてる人が・・・一番格好いいと思うよ」なん言われたこと思い出しちゃったよ!!

あの頃は・・・まだメタボじゃなかったし・・・格好いいこと何もしてなかったもんな・・・あれは彼女のポリシーの話だったんだね(^^)

でも・・・格好いいこという奴だったんだなぁ・・・28?9の女の子にしては!!

この映画の中で僕の一番好きなシーンはね…ラストなんだけど・・・

イルザは夫のラズロだけを脱出させて・・・自分はリックとカサブランカに残るつもりでいたのに・・・空港でリックはラズロとイルザ二人のパスポートを差し出すんだよ・・・で・・・彼と残るって言うイルザにリックはさとすように優しくこう言うんだよ・・・We'll Always Have Paris↓↓ってね・・・ドイツ軍の戦局が悪くなってきて治安も悪化する危険なカサブランカから彼女を脱出させたかったんだよね・・・きっと!!

でも・・・痺れる ようなセリフだろう・・・いい男だなぁ(^^)

http://jp.youtube.com/watch?v=pa-dGYjSq5k&feature=related

 

Laughter in the rain 

きょうは激しい雨が降っている・・・ちょと気分転換に⇒NHKアーカイブス にでも行こうと思っていたのに・・・さすがに☂好きの僕もちょと憂鬱かなぁ・・・でもこんな日は⇒ニール・セダカ・・・こんな曲でも聴いて・・・テンションを上げて行かないとねぇ(^^)

そうそう・・・おとといの続きじゃないけどこういう雨の日には「マディソン郡の橋」のクリント・イーストウッドの悲しい顔を僕は思い出しちゃうんだよね・・・favoriteの映画なんだよ!!

かなりヒットした映画だから・・・見た人も多いだろうなぁ・・・でも一応あらすじは⇒マディソン郡の橋だよ。

僕の一番好きなのは・・・激しい雨の中キンケイド[クリント・イーストウッド]が車の中にいるフランチェスカ[メリル・ストリーブ]の前に現れて・・・雨の中立ち尽すシーンなんだ・・・彼は悲しげに彼女を見つめ・・・彼女の微笑を見てすべてを悟り・・・絶望的な笑顔を浮かべながら去って行く・・・そんな切ないシーンかなぁ!!

それから彼は信号で待つ彼女の車の止まるんだ・・・で・・・8日前に貰ったロザリオを彼女に見せて・・・最後の別れの挨拶をするんだ・・・それを見た女はドアノブに手を掛けるんだけど・・・ドアを開ける[彼の所に行く]ことは出来ない(>_<)

男は車の中でいていると思うよ・・・でも・・・そんな姿は見せないんだよ!!

それから何の音信もなく15年以上経つんだけど・・・キンケイドぬと弁護士がフランチェスカの所に彼肌身離さず持っていたカメラを遺品として持って来るんだ[それは二人の約束だったんだよ]・・・彼は忘れていなかったんだね!!

でもそんなこと全てを・・・フランチェスカは自分が死ぬまで胸の内に封印しているんだよ・・・やっぱ女には[秘密]があるんだね(^^)

でね…は火葬にした自分のをあの橋にいてもらっていたんだよ!!

彼女も子供たちに宛てた遺書に・・自分を火葬にして灰あの橋に撒いてくれって書いているんだ[全てのいきさつを書いてね]・・・・最後の最後に・・・フランチェスカは自分の意思を貫いている!!

この映画について多くの評論家は安っぽい不倫映画みたいなことを言っていたけど・・・こういう一途な愛を描いた作品がたとえB級映画と言われようと僕はやっぱ一番好きだよ(^^)

ちなみに子供たちは彼女の意志を通して・・・フランチェスカの灰を[マディソン郡の橋]から撒いたんだよ・・・よかった(^^)