スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年最初の展覧会 

2007酒田2007酒田DM


ここのところの寒さは格別だけど、今年最初の展覧会は日本海側の雪国なんだ。東北ではここ数年展覧会をしていないんだけど、「今年からボチボチ復活していこうかな」なんて密かに考えている。


やっぱ冬は雪国だって思うんだよ。1月の函館も趣があっていいからねぇ。いま暖かい風景画をいっぱい描き溜めているんだ。もちろん雪景色も描いているよ。


オレンジ色の夕暮れの絵が一番のお薦めなんだ。窓が一つできて、暖かい陽射しがあたっている、そんな気持ちで眺めて欲しいんだよ。


山形酒田)のみなさん。期待して待っていて下さい!!

スポンサーサイト

コメント

>ばびさん

素敵だね。

でも、ばびさん着物着るにはスリム過ぎるんじゃないかなぁ!?

作家さんの作品はお高いですよ(笑)

帯や着物を選ぶのは楽しいものです

>ばびさん

日本画家だと着物絵描く人もいるしね。笑)

着物の色や柄はやっぱり季節に合わせますね♪

生地も違いますしね(´▽`)

>ばびさん

そうだねぇ!
着物だっていつも同じ物ってわけにはいかないだろう。笑)

なるほどぉ~
着物の柄を選ぶ時と同じだね♪


>ばびさん

季節に合わせるんだよ。

お正月には「富士」とか花だったらその季節の花の絵とか・・・。
季節感のない絵だったら一年中掛けられる。だから花だったら「バラ」なんかが人気があるだろう。「コスモス」だったら秋だけしか掛けられない。笑)風景画だったらあまり花は入ってない方がいいね。きっと。

絵の好きな人は春夏秋冬正月に掛けかえるけどね。笑)

季節に応じて

絵はその季節の絵を飾るのかな

それとも
寒い冬には夏の暑い方がいぃのかな?

ちょっとした疑問です(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jaurnk1107.blog63.fc2.com/tb.php/47-1e214a7a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。