スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕が一番太っていた時 

原科
DEA
ここのところすっかり秋めいて来た。アトリエの引越しも終え、いよいよ制作のピッチも上がって来るよ。


で、片付けていたら懐かしい写真が出て来たんだ。1997年にフィレンツェのガレリアDEAで個展をした時の写真だよ!僕と一緒に写っているのは、展覧会のお世話をして下さった原科夫妻なんだ。ご主人の原科成美さんは聖徳大学の助教授で独立展に出品している作家さん。奥様の一枝さんも女流展に出品している作家さんなんだ。二人はミラノのブレラ美術学校で知り合われたとか・・・。成美さんはパリ美術学校にも留学されていたというからエリート画家だね!!主にヨーロッパで活躍されているんだ。いまはフィレンツェの版画学校でも教鞭を取っているそうだよ。


原科夫妻とは古い知り合いっていうわけじゃないんだ。’96年に取材旅行に行った時に、たまたまベッキオ橋の上で一枝さんと知り合って意気投合したんだ。それがご縁でこの展覧会の話をまとめて頂いたんだよ。笑)僕はけっこうそういう出会いが多いんだ!


もう一枚は画廊の正面からの写真なんだ。日本とは違って随分と地味だよねえ。写真に写っている作品は<ベネチアのサラ>シリーズの一作なんだけど、これは手元に置いてあるんだ。お気に入りの作品なんで手放せないよ!!僕の代表作の一つになるよ。きっと。笑)


それにしても、この頃は太ってたんだなあ!!自分じゃ全然覚えてないよ。最近ちょっとヤバイんだけど、これほどじゃあない。笑)

スポンサーサイト

コメント

monさん

写真急いで探してみますね。

そうなんですか?
美味しそうなお食事作っていらっしゃる感じに見えますよ。

写真嬉しいです~。
待ってま~す!

monさん

奥様素敵なんだけど、料理は作らないそうです!日本でも毎食外食で、イタリアンが多いみたい。笑)

ベッキオ橋の写真、けっこうあるのでそのうちに何かでUPしますね!!

素敵なご夫婦ですね。
ベッキオ橋はプッチーニの有名なアリア‘お父様にお願い‘の中に出て来るので「一度通ってみたい!」と思っている橋なんですよ。
取材旅行で写真撮って来て下さね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jaurnk1107.blog63.fc2.com/tb.php/25-21dd87b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。