スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷たい水の中の小さな太陽 

http://84620264.at.webry.info/200910/article_1.html

10月3日曇り・・・まだお天気は持っているけど台風が来ているらしい。。。大きなにならなければいいんだけどなぁ。。。

それにしても・・・豊橋ってか中部圏に来ると懐かしさとともに僕はいつも思うことがあるんだ・・・たとえば岐阜に行くと「墨俣」行きなんてバスが街中を走っているし・・・豊橋名物って言えば「菜めし田楽」だろう。。。田楽なんていう言葉を聞くとやっぱ400年くらいタイムスリップしたような気分になっちゃうよ。。。

歴史の浅い関東人にとってはノスタルジーだね!!

で・・・その時代に登場する武将は数多いけど僕の好きな武将というと1に三成2に光秀なんだ・・・自分のことも三成タイプだと思っているんだけど。。。どうも世間的にこの2人は常に敵役に思われているようで・・・ってかそう仕立てあげているだろう。。。だって歴史は常に勝者に都合良く作られているからね!!

近世の日本の歴史はまさに徳川家をめぐるものだから・・・徳川に都合の悪いものは歴史から葬り去らせているんだよ!!

でもね・・・信長なんかは叡山の焼き討ちをしたり[女子供も皆殺しだろう]自分を神格化した狂人だよ。。。もし光秀が天下を取っていたら彼は神をも恐れぬ大罪人を成敗した英雄ってことになっていた!!

三成にしても・・・今年の大河ドラマでようやくきちんと描かれたけど。。。理想と正義の人だったんだよね!!

ただが彼らを選ばなかっただけだよ!!

ここに大きめなコップが一つあるとする…その中にはなみなみとが注がれているんだ・・・そのコップの中にはがたくさん混じっていて戦国時代なんてのはそのコップの中の水が掻き混ぜられて泥水状態になっているってことだろう。。。とても飲めるようなものではなかった・・・

その泥水の入ったコップが僕らの世界ってか世間だとしたら・・・その水をしばらく平和静かに置いておくと泥は沈殿して。。。上の方に清んだ水の層が出来るだろう。。。その綺麗な水の層が彼らの求めた世界であり・・・その中だけでも生きて行きたいと思うんだ。。。

悪意とか欲望とか妬みとか謗りとかの渦巻くような泥水の中にはいたくない・・・そういう思いが三成や光秀に行動を起こさせたんだよね!!

でも所詮「力なき正義は無である」・・・からやっぱ家康は偉大だったんだなぁ・・・清んだとまでは行かなかったけど。。。ほとんどの人が命を繋いで行けるだけの水の入った大きな器を作ったんだから!!

だけど力を持つというのは怖いもので・・・その徳川を倒した正義の筈の官軍は「坂の上の雲」を目指して帝国主義に突き進んでしまったしね。。。

それにしても僕はやっぱ清んだ水の中だけを泳ぎ回るメダカのようになりたいよ(^^)

三成も光秀もきっとそうだったんだよ・・・戦国大名や政治家ではなくて本当は優秀な哲学者であり文化人だったんだよね(合掌)

スポンサーサイト

コメント

>みっちゃん

そうなんだよね…立派なんだけど日本では「勝てば官軍」って言葉があるだろう…負けた者に対しては問答無用だからねぇ(>_<)

結果も大切だけど…その人のポリシーってのがまず最初に来ないとね!!

今の日本は格差社会って言うだろう…要は勝ち組と負け組なんだけど。。。泥水にどっぷり浸かっていても勝ち組って云ってる人もいるから不思議だよねぇ(^^)

そのとおりかもね

僕は歴史とか人物に弱くて
そいう人達のことを真剣に考えた事はないけど
じゅんさんの話は勉強になります

やっぱりドロ水のコップの中ではなく
清んだ中に住みたいと思うね

そういう世の中を作ろうとした
人達は立派だと思いますね

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jaurnk1107.blog63.fc2.com/tb.php/217-a1c03493

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。