スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイリアンズ 

http://www.youtube.com/watch?v=AwxNaRixAUk

4月27日晴・・・心地よいが吹いている。。。こんないい日にいったい僕らは人生の中で何度くらい出会うとが出来るんだろうか!?

僕は思わず神様に感謝するのと同時にこんなお願いをしたくなるよ・・・懐かしいあの人に一度でいいから会わせて下さいってね。。。ちょとドストエフスキーみたいな言い廻しになっちゃったなぁ・・・さっき飲んだビールのせいだよ。。。昼間のアルコールは効くねぇ(^^)

会いたいって思うその子とはね・・・小学校の6年生の時の1年間だけ一緒のクラスだったんだ。。。放課後に一緒に遊んだこともないし家も知らない・・・卒業式が終わるとまたすぐに引っ越して行っちゃったから。。。同窓会をやっても一度も出てきたことはないんだ!!

彼女の名前は六車友子ちゃん・・・北海道からの転校生だった。。。炭鉱が閉山になってお父さんが職を求めて家族を連れて越して来たんだよ・・・一時。。。化学コンビナートの誘致で潤っていた僕の町にね!!

当時彼女の家も僕のところと同じで貧しかった見たくていつも同じ服を着て・・でも小ぎれいだったなぁ。。。

前にも書いたけどそのころ僕はいじめに遭ってちょと傷ついていたし・・・当時の担任がいわゆる赤って言うか学生運動バリバリの変な正義感を持った人で・・・僕のうちが商売をしているというので。。。そんなに豊でもなかったのに僕に向かって「おまえの親父は搾取している」なんてような事を言われたりしたもんだよ・・・ああいう困った教育者がいたんだよねぇ・・・あの頃は。。。

労働階級と搾取階級・・・商売ってか家も少しだけど使用人いたよ。。。で・・・当時世界に13共産主義国があってその13の強い鎖の連結なんて事を美化して語っていたよ・・・学級文庫なんかにもそういう本が並べられていたっけ。。。

僕は当時もイデオロギーは何もなかったし・・・大人は若者がアメリカ文化に陶酔することを毛嫌いしていたけど。。。僕はソ連よりアメリカの方がずっとましだと思っていたし・・・そういうことははっきりと公言していたから。。。その教師にもずいぶんと苛められたんだ。。。

通知表なんかも普通の教科だと客観的評価ってかテストの点数がはっきりしているからさすがに1や2は付けられなかったけど・・・僕の人生の中でたった一度の[1]を小学校6年生の3学期の美術でその教師からもらったよ(^^)

そんなだったから・・・ほかの生徒だって感じるだろう・・・あいつと仲良くしていると損だ。。。なんてね・・・で。。。僕は集団登校なんかの時でもいつも一人うつむいて石ころを蹴飛ばしながら後ろから歩いてたんだ(>_<)

でもね・・・彼女だけは違ったんだよ・・・小学生だから教室ではごとに机をくっ付けて授業をしていたんだけど。。。彼女の隣の子が休んだりすると必ず「じゅん・・・こっちにおいでよ」って僕のことを誘ってくれたんだ。。。そうは言われても勝手に席は変えられないだろう・・・それに恥ずかしかったし!!

でも僕はよほど浮いていたんだろうね。。。転校してきたばかりの彼女がそんなことを言うんだから(>_<)

その頃の僕の心の支え彼女だけだったんだよ・・・だけど卒業式が終わると彼女は九州に転校して行っちゃったよ。。。どっかの炭鉱でお父さんの仕事が見つかったとかあとで聞いたなぁ・・・まだ昭和40年代の初めの頃のことだから。。。いくつか掘れる山はあったんだろう・・・当時の炭鉱の映像なんかをいまNHKのアーカイブスで見たりするとなんか泣けてくるんだよね。。。

彼女はこういう暮らしぶりをしていたのかなぁ・・・なんて想像してね。。。一山みな家族って言うんだろう・・・山では。。。だからあんなに優しかったんだよ!!

あれから九州の山も次々に閉山になってみんな山を降りて・・・苦労したんだろうなぁ。。。きっと!!

どうしても会って見たいよ・・・変わった苗字だからわかるんじゃないかなぁ。。。北海道か九州のみんな・・・何か情報があったら教えて欲しいんだ・・・六車なんて苗字どの辺に多いんだろう。。。僕は彼女以外には知らないんだけど・・・そんなことも知ってる人は教えてくださいm(..)m

じゃあ六車友子さんに↓↓!!

http://www.youtube.com/watch?v=-f0iH9b-hBM

スポンサーサイト

コメント

>まこさん

六車さんは僕がこういう仕事をしていること知らないからなぁ…よほどの偶然がないと展覧会には来ないと思うよ!!

転校生は…なかなか厳しいんだよ^^

転校生

一度も転校したことの無い私にとって、転校生という響きは、憧れにも似たわくわく感がありましたe-266
ご本人にとっては、不安と期待の入り混じった気持だったんですね...

私は、子供の頃から目上の人に可愛がられたので、逢ってみたいのは、優しいお母さんのような先生だね♪

「六車」さんという苗字は珍しいから、展覧会でいらっしゃったら、電話帳でも調べてみたらどうかなぁ

逢えるといいですね d(*゚∀゚*)ネッe-267


追伸 : 国語と、音楽と、美術だけは、ずぅ~っとでした(o´艸`o)



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jaurnk1107.blog63.fc2.com/tb.php/187-14607d86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。