スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェは今日も碧空 

フィレンツェ
僕はこの10年来イタリア風景を中心に仕事をしている。当然のことのように、取材旅行もイタリアってことになるのだけれど、本当はポルトガルやスペインやギリシャもイタリアに負けない位に大好きなんだ。


そもそも僕は「ポルトガルを描く作家」としてデビューしたんだよな。それが2001年の<日本におけるイタリア年>の頃から<イタリア大使館文化部>にご後援をいただいて展覧会をするようになり、いつの間にか<イタリアフェアー>なんかにたくさん呼ばれるようになり、「イタリアを描く作家」ってのが定着してしまったようなんだ。もちろん<フィレンツェ>なんか<リスボン>と並んで僕の一番好きな街だから、<イタリア=荒木淳一>って思ってくれてもいいんだけど<ポルトガル>も憶えておいて欲しいんだ。


ところで、最近この<イタリアフェアー>って云うのもだいぶ減ってきたなあ。それに、ちょっと前には<韓流>っていうので韓国ブームがあって「先生、韓国の絵を描いてください」なんてことを言われたこともけっこうあったけどね。<最近はブームが去ったのかな?だって、言われなくなったもん>


展覧会やってて、僕のファンのみなさんはやっぱ<荒木淳一のイタリア>を観に来て下さっているんだって最近よく感じるんだ。でも、これが案外難しい。2回3回と回を重ねていくと<少し違った物を描いてください>なんて事を云い出す<輩>が必ず出てくる。そりゃあプロの作家である限り<観てくれる方に心地よさを届ける義務がある>と僕は考えているから<フーム>と思ってしまう。<素人さんなら好きな物を描いて、好きな値段を付ければいいんだけどね>。それに僕の展覧会の作品構成は<イタリア>だけじゃなくって<フランスもポルトガルもスペインもギリシャもオーストリーも、時として日本も>いろいろ混ざっているんだけどね。


でも最近は<フィレンツェをたくさん描いて来てください>なんて声をあちこちで聞くようになってきたので、めげずに<フィレンツェ=荒木淳一>で行く決意なんかを軽く固めているんだ。

スポンサーサイト

コメント

スィーティーさんへ

食文化も、人も、芸術も、もちろん街並も素敵ですよ!ボチボチと食についても書いてみますね。

みかんさんへ

取り敢えずイタリアが面白いと思いますよ!!

おはようございます。
イタリアに行ったことないですが、
町並みが好き
イタメシが好き
(多分、本場と違うんやろうね味が)
ワインが好き
(弱いけど)

でも、
じゅんいちさんのブログを見てると、
想像が湧き
より素敵な国・町が浮かんできました。

ブログ楽しみにしています。。。

足跡からきました。
外国自体行ったことないんですが、ブログ拝見して興味がわいてきました。

monさんへ

確かにフラメンコに似ていますが、情熱的というより物悲しい感じがします。演歌っぽいところもあるかな!?でも、何かもっと深い感性を感じます。<東の果て>から<西の果て>に来ているという思いが、そんなノスタルジーな気持ちにさせるのかも知れません。

うたかたさんへ

どうもありがとう。そう言っていただくと、創作の意欲が湧いてきます。よかったら、HPも覗いてみてくださいね。

また、お待ちしています!

ファドは確か悲しい感じの歌ですね。
どこかフラメンコに感じが似ていませんか?


お邪魔します。

っていうより…


ごめんください。笑
ってかんじで入っちゃいました。


最近、音楽や絵画など芸術に触れてなくて

こんなにたくさんの美しい絵を観ちゃっていいんですか?ってとっても感激。
美術館を久しぶりに訪れるようにじっくり堪能してます。


聡明な時間をありがとう。また是非来させて下さい。

ポルトガルっていうとファドのアマリア・ロドリゲスって有名な歌手がいるんだけど、クラシックとか美術とかファッションブランドとかあまり聞かないからなあ!
でもいいんだ。笑)是非、機会があったら・・・。

ポルトガルは全くと言って知らないのでこれから少し興味を持ってみようかな…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jaurnk1107.blog63.fc2.com/tb.php/14-d669c4b5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。