スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埠頭を渡る風 

きょうは風の冷たい一日だった・・・なんて・・・まだ16:00だって言うのに・・・最近は日の入りがやけに早い!!

気がつけば12月ももう半ばを過ぎている・・・今年は盛り上がってみていたNHKの大河ドラマも今日が最終回だ・・・それでも今年の大河は好評ということで・・・例年より1週多い放映だというのだけれど・・・これが終わってしまうと「今年も終わりだな」・・・なんて毎年思ってしまう(^^) ↓↓                                    http://www.youtube.com/watch?v=1jYtBbZDkSc&feature=related

僕の展覧会も今週の岐阜高島屋(19日?25日)で年内最後になるんだけど・・・何かやり残したことはないか・・・悔いはないか・・・なんて考えながら昨日・・・今年最後の作品を岐阜に送ったんだ!!

実は岐阜は僕の大学時代に親しくしてくれた友達や・・・いろいろと面倒を見てくださる諸先輩の多い土地で・・・一年おきにお伺いしているんだけど・・・特に楽しみにしている会場の一つなんだ・・・僕は文学部だから豊橋校舎にいたんだけどね(^^)

前のブログにも書いたんだけど・・・来年は新作版画を作ろうと思っているんだ・・それとホームページ・・・新しいのを作る作ると言っていてとうとう年末まで来てしまったんだけど・・・1月中には何とか・・・だいぶ進んでいるんだけど・・・作品の写真撮りなんかの時間がなかなか取れないんだ!!

1月にも2会場[高崎高島屋と函館棒二森屋]の個展を抱えているので・・・でも・・・なんとか頑張ってみるよ・・・2月は展覧会がないんだけど・・・3月にはまたまた4会場の展覧会があるんだよ・・・作品の制作進捗との競争なんだよね!!

今度は動画なんかも貼り付けて行くからね・・・リンクなんか貼ってくれる人がいたら嬉しいよ・・・でも・・・如何わしいところは駄目だよ(^^)

ブログも年内にもう一度書こうと思ってるんだけど・・・取り合えず近況まで!!

いまの僕のテンションなんだ(^^)↓↓                          http://www.youtube.com/watch?v=3MzMIpIw0VM

スポンサーサイト

そりゃあもう・・・月に届く程さ!! 

きょうは久し振りに午後からNHKのアーカイブスに行ってみようかな・・・たまには少しくらいおさぼりもいいだろう・・・なんだか司馬遼太郎の「街道を行く」が無性に見たくなっちゃったんだ!!

こないだ<愛蘭土への道>ってのを見て来てたんだけど・・・やっぱ・・・もう一度検証したいんだよ(^^)

初めて知ったんだけど・・・アイルランドって100戦100敗の国なんだね・・・でも国民はちっともそう思ってはいないんだ(^^)

清教徒革命<ピューリタン革命>で英国にめちゃくちゃに国を壊され・・・いまだに紛争は続いているだろう・・・痩せた土地ではジャガイモしか獲れないし・・・飢饉では国民の何パーセントかが餓死して・・・あまり働く場所もなくいまだに移民を大量にヨーロッパやアメリカに送り続けている・・・。

差別され、蔑まれ・・・それでもビートルズを出し・・・移民したアメリカではケネディ大統領まで輩出した・・・アイリッシュだったからケネディ大統領は暗殺されたのかもね・・・ビートルズも射殺されたんだよね!! 
 
映像では・・・ケネディ家が何代か前までが住んでいたというアイルランドのを映していたよ・・・一家は貧乏なジャガイモ農家で・・・ほとんど裸同然でアメリカに移民したらしい・・・それから6代目がケネディ大統領だよ・・・でね・・・その家というのは10畳一間ぐらいの掘っ立て小屋だった!!

の先祖も過去帳によると1600年代から明治20年代<1880年過ぎ>まで能登の・・・ある村の貧農だったらしいんだ・・・で明治になって自由に土地を行き来できるようになったろう・・・その村じゃ生活が出来なかったんだろうなぁ・・・早々と明治20年代にはその土地を離れて・・・室蘭に開拓民として入植しているんだ・・・[多くの人は明治30年代になってから入植したらしいんだけどね]・・・なんかそんな曽祖父のハングリーなエスプリ<魂>がいまの僕の中にもきっと息づいているんだよ・・・そのうち愛蘭土って国[土地]も見に行かなくちゃね(^^)

司馬遼太郎は<愛蘭土への道>をこう結んでいるんだ・・・これがアイルランドの象徴だってね↓↓[田村高広のナレーションで・・・多少セリフが違っているかも知れないけど]

アイルランドに小さな岩だらけのがある。しかもその島は風が強くてほっておくとがみんな海に飛ばされてしまう。そんなところで老人が風除けの石垣を畑の周りにもくもくと積んでいる。そして僅かな土を耕してはジャガイモの種芋を埋めている。その痩せた土地からはジャガイモしか出来ない。 「いままでにどのくらい石垣を積みましたか」私は老人にそう尋ねると老人はにっこりと笑ってこう答えた。「そりゃあもう・・・月に届く程さ!

でも彼らは敬虔なクリスチャンなんだよ・・・<こんな痩せた土地しか与えてくれなかった!!>なんて神を呪うことはしない・・・<こうして実りを与えてくれて・・・ありがたい>とただ感謝するんだ・・・凄いなぁ・・・アイルランド人のって!!

僕が文化人として最も敬愛している司馬遼太郎ある番組でこんなことを言っている・・・僕も同じことを思っているんだ(^^)⇒

http://jp.youtube.com/watch?v=RBBN9E-NX68

煌めく朝の輝き 

プチカナルの朝プチカナルの朝

ここのところまた寒さも緩んでいるんだけど・・・朝の僕のアトリエの寒さと言ったら!!

毎朝アトリエに入るとまずエアコンのスイッチを入れるんだ・・・で・・・部屋が温まるまでの間にPCのスイッチを入れて・・・PCが立ち上がるまでの間・・・熱いコーヒー[インスタントなんだけどね]を啜りながら⇒

http://jp.youtube.com/watch?v=DZ2l_MCJGVE

を聴くんだ・・・でも・・・この曲が終わるまでに立ち上がればラッキーな方だね・・・だって僕のPCは無線LANなので・・・繋がるまで毎朝ひと苦労なんだよ(>_<)

朝って言えば・・・僕の作品にもを描いたものはたくさんあるんだけど・・・いま一番気に入っているのは・・・この作品なんだ↑↑「プチカナルの朝」っていうベネチアを描いた作品なんだけど・・・この絵を見て何か感じないかい!?

僕の作品をたくさん見てくれている人は・・・ピンと来るんじゃないかと思うんだけど・・・ふだん僕の絵の中の<人物>はほとんど後ろ向きで描かれているんだよ・・・でも・・・この絵の<ゴンドラの漕ぎ手>は正面を向いてるだろう!!

だいぶ前に「ベネチアのサラ」って作品の解説の時にも書いたような気がするんだけど・・・動物ってたいがい四本足で歩いてるけど・・・亀でも犬でもお腹側を見るときなんかは・・・ひっくり返す[裏返す]って言うだろう・・・だから僕は・・・人間も本当は背中側が<表>だと思うんだよ・・・お腹側だと顔の表情なんかで・・・感情が誤魔化されちゃうからね!!

だからね・・・この作品の<ゴンドラの漕ぎ手>は<人>ではなくて<時間>象徴させているんだよ・・・僕はこの絵で・・・煌めく光を浴びながら自分に近づいてくる時<きらきらと揺れて輝く未来>を迎える朝を描いているんだ!!

こんなを迎えたい・・・なんて思いながら僕らはみんな・・・いくつもの辛く悶々としたを越えて行くんじゃないかなぁ!!

でね・・・この作品を来年は版画にして見ようかな・・・なんて思ってるんだよ・・・もしそれが実現したら・・・去年の「フィレンツェ」に続いて版画2作目になるんだ↓↓

フィレンツェフィレンツェ

フィレンツェって言うと・・・すぐにこの映画の場面が思い浮かんで来るのは・・・僕だけかなぁ(^^)⇒ http://www.youtube.com/watch?v=U4RQXrACHpU

らくだを通す針の穴 

南仏の裏通り

きのう今日と寒さも緩んでいるようだけど・・・ここのところの寒さは格別だね!!そのせいばかりじゃあないと思うんだけど・・・どうも風邪を引いちゃったらしいんだ!!

きっと溜まった疲れと・・・ほっとした気の緩みが一番の原因だと思うんだけど・・・そんなにいつも気を張り詰めてはいられないからね(^^)

これから年内いっぱいかけて来年の下期以降のスケジュールを詰めていかなきゃならないんだけど・・・その前に・・・岐阜の作品を仕上げなくっちゃ・・・なんて気ばっかり焦っちゃって・・・もしかしたらちょうどいい休養になるかも知れないよ!!

きょうは久振りに作品の解説をしようと思うんだけど・・・この作品は30年近く前にスケッチしたものを元に・・・細部をいろいろと変えながら描いている・・・ニーム<南フランス>の裏通りを描いたものなんだ。

建物はローマ時代の物だから・・・もうボロボロだよ・・・夏の強い日差しが男には降り注がれ・・・陽射しの強い分、影はくっきりとつけられている!!

この広い道路を歩いているのは僕自身なんだ・・・この道路は僕の人生だよ・・・明と暗をはっきりとさせて・・・いまは強い日差しを浴びながら歩いている!!

でもよく見てごらん・・・行く先の道がちょっと狭くなっているよ・・・それでも明るい道は続いている・・・でもね・・・まっすぐに進んで行くと・・・ほら・・・ごらん・・・明るくは見えるけど・・・行き止まりになっているだろう・・・僕の進む道は右か左に曲がって行くしかない!!

だけどいま僕は・・・を見ているだろう・・・右に曲がる道は細くて・・・通る人も少ない[でも獣道なんかじゃないんだよ]・・・その道を僕は歩いて行こうと決心して・・・踵を返しているところなんだ!!

この道は何処までも真っ直ぐに見渡せる開けた道・・・ふと一瞬立ち止まらないと見落としてしまいそうな・・・多くの人は歩まない・・・<らくだを通す針の穴>のような・・・そんな道なんだよ!!

きょうもまた一歩・・・前に踏み出していこう・・・逆戻りは出来ない・・・なんてね(^^)

 

最近はラップばっか特訓してるんだけど・・・こんな曲も歌ってるんだよ(^^)⇒http://www.youtube.com/watch?v=5p7dz5Km-9I

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。