スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKアーカイブス 

北八ヶ岳
明日から山口に出掛けるんだ。山口市では3年半ぶりの展覧会。忘れられていないといいんだけどね。24日に帰ってきたばっかりだから今回の休息は3日ぐらいかな。<2?3日は打ち合わせなんかに取られたからね>ふだんだとその数日も制作に追われるんだけど、もう年末だろう。あと富山、倉敷って年内の個展はあるけど、作品は全部出来上がっているんだ。あとは来年する展覧会の会期の調整と、新作の構図作りだね。笑)


こんな感じで時間が出来た時の僕のOFFの一番の楽しみは、ブログでも何度か書いてるけど、川口にあるNHKアーカイブスに行って古い番組や見損なってしまった番組を見ることなんだ。歩いても15分くらいのところだからね。


一番好きな番組は「映像で見る20世紀」の各県編。地方に展覧会に行く前には必ずその県の20世紀の歴史を確認して行くんだ。その地方の風土、文化、20世紀に遭った災害、自然、人情・・・そんなものが全部繋がってその県の県民性を形造っていると思うんだよ。「質素倹約」が美徳っていう県。「文化にお金を使う事がよし」とする県。「文化はお金をかけずにタダで見たり聞いたりするものだ」っていう県。でも、それぞれに理由があるんだよ。これだけマスコミやインターネットが行き届いても、狭いようで日本はまだまだ広い。意識や生活の格差も大きいんだよ。


でも、僕は画商じゃなくて作家なので<持ってもらいたい>のが半分<見てもらいたい>のが半分なんだ。だから<同時代人>として僕の<絵>も知ってもらいたいし、展覧会で廻る地方のことも知りたい。知らないと話も出来ないだろう。笑)


あと<ドラマ人間模様>が好きかな。「冬の桃」(全7回)がいいねえ!!何度も見ちゃったよ!「花へんろ ?風の昭和史?」も大好き。やっぱ昭和の風俗、香りが好き<って云うより懐かしい>僕ら団塊の次の世代は経験ないけど戦前の街や人や風土を僅かに知ってるような気がするし、戦前の人<親の世代>の考え方も理解できるんだ。面白い世代だよ!!


「公害問題」なんかのドキュメンタリーも見るよ。僕らが子供の頃に問題になってた事を僕なりに<検証>している。いまだから理解できる事も多いんだ。物事には必ず原因がある!それを知りたい。いま自分がこうして生きていることにも理由<原因>がある。それが何かってね。笑)そんな好奇心を満足させてくれるから、ついつい足を運んじゃうんだよね。笑)


少し前までは写真見たいなハイキングが一番の楽しみだったんだけどね。笑)




スポンサーサイト

エボラの少年 

エボラの少年
久し振りにホームページを大々的に更新しようと思っている。新作もUPするためにたくさん写真を撮影したんだ。期待していて!!


このあいだの山陰シリーズで気付いたんだけど、僕は結構自画像を描いてるんだよ。よく絵描きが自画像だとか自分の<絵>のなかに自分を描き込むって話を耳にしていたんだけど、「本当だ!」って初めて気付いたよ。笑)で、UPしてみたんだ。


この絵はポルトガルのエボラ<世界遺産に登録されている街で、伊達政宗の使節が訪れたことでも有名>の街を舞台に僕の<自画像>少年時代を描いたものなんだ。


僕は転校を何度かしたので友達遊びが苦手になってしまって、よくこんな風に一人遊びをしていたものだよ。休日の冬の日の朝、一人で地面に絵を描いて遊んでいる僕の後ろを母親が食事の支度のために家に入って行く。一人ぼっちでも、僕には暖かい陽射しが心地よく当っているんだ。


ふと顔を上げた僕は未来の僕を<今の僕を>見つめている。今の僕も時間と空間を隔てて少年の僕を見つめているんだ。あの頃はまだ太陽が東の空の上にあった。<青いなあ!!>今の僕の上の太陽は午後三時。アンニュイな<Sunday  afternoon>ちょっと遊び疲れて、働き疲れて人生にも疲れてるかな。でも夕暮れまでにはまだまだ時間がある。


以前に自分の<老後の自画像>についてこのブログに書いた事があるよね。そのうちに<今の自画像>を描いてみようと思っているんだけど。。。。。時の流れが速すぎてなかなか<いま>を捕まえる事が出来ないんだよ。笑)

宍道湖の夕暮れ 

宍道湖の夕暮れ
山陰での展覧会が終わった。今年は10月11日から24日までの2週間で、鳥取松江と2会場を廻ったんだ。


鳥取は3度目だったので会場も町も人もよく知っていたし、懇意のお客様も待っていて下さるので安心して伺う事が出来たのだけれど、松江はほとんど知った人もなく初個展だったので<ちょと>不安だった。でも、その不安を吹き飛ばすように松江のお客様は作品をよく観てくださり、いろいろなお話をして下さった。何より心強かったのは企画を取り上げてくださった百貨店の店長が「展覧会の回を重ねて拡めて行こう」と言うようなことを早々と言って下さったので、文化水準の高い松江で<根付いて行こう>というテンションを高めることができたんだ。


僕の人気の<ベネチアの夕暮れ>シリーズが松江でも一番好評だったかな。でも、お客さんは一様に<宍道湖の夕暮れ>に似ているって言われるんだ。それでやっぱ宍道湖の方が・・・って言う事になっちゃう。売れなかったなあ!!だから僕も<宍道湖の夕暮れ>を見に行ったよ!!


美しかった。<ベネチアの夕暮れ>が後ろ向きの美人だったら、<宍道湖の夕暮れ>は正真正銘の振り返った美人<見返り美人>だった!!次回に備えてしっかりと取材をしたよ。こんど伺うときには<宍道湖の夕暮れ>頑張って描いていくよ。笑)

夏の思い出 

上五島


去年の9月、ちょうど衆議院選挙の真っ只中に僕は香林坊大和で3度目の展覧会を開催していたんだ。選挙の時の展覧会っていうのは開催したことがある人はきっとわかると思うんだけど、台風の時に似ているんだよ。ともかくお客さんが入らない<地方に行くほどそうなんだ>。で、暇を持て余して金沢市内を取材をして歩いたんだけど、悪いことは重なる物なんだね。カメラが。。。。。ちょっと落とした拍子に壊れちゃったんだ!!それ以来、展覧会にカメラは持ち歩いてないんだよな。


今度海外取材に出る時に新しいのを買おうと思ってるんだけどねえ。。。。。今年は展覧会が多くて、まだ取材旅行に出れないんだよ。。。。。デジカメを一つ持ってるんだけど、ちょと古いから。。。。。この写真は使い捨てカメラで撮った物なんだ。でも、まあまあだろう!今年の6月に長崎浜屋で展覧会をしたときに、五島列島上五島を廻って撮ったんだけど、結構気に入ってるんだよ。隠れキリシタンの島だからあちこちに綺麗な教会があるんだけど、本当に山奥の隠れ教会って感じだったなあ。福江島には2年前に行ったことがあるんだけど、上五島は初めてだったんだ。だからかなり期待していたんだけど、運悪くずっと雨だった。そんな中でもこの教会の写真だけは不思議とよく撮れていた。僕に描いてくれって言ってるんだよ。。。。。きっと!再来年長崎で展覧会をする時には描いて行くからね!!


それにしても僕は写真を撮らないんだよな?。6月に福江で買ったカメラを、現像に出したの2?3日前だもんね!!でも、<夏の思い出>が甦ってきたよ。今年の夏は引越しがあったので、何処にもいけなかったんだ!案内してくれた浜屋の○崎さん。どうもありがとう!!またいい<絵>を持って行きますのでよろしく。笑)

ダンスはうまく踊れない(2) 

kitakyuusyuu.jpg
「展覧会で地方を廻る時は出来るだけその地方の支部長に連絡するように」そんなことを云って下さったのは、石川支部の先輩だった。僕はそれまで地元は兎も角として、地方の見ず知らずの愛知大学の同窓の諸先輩にご案内をお送りするなんて思いもよらなかった。その先輩は金沢の展覧会の会場から直近の展覧会のある京都の支部長に電話を掛けて下さったんだ。


それ以来僕は地方で展覧会があるごとに、その地方の支部長にご挨拶のお電話を入れさせてもらうことにしている。それにしても愛知大学の諸先輩のご活躍にはいつも誇りを持った驚きを感じさせられる。僅か100人ぐらいの小さな支部の支部長が助役をされていたり、もっと小さな数十人の支部なのに弁護士、会計士、司法書士、大学教授ばかりの支部なんかがあるんだよ。手前味噌ながら「小さいけどすごい大学なんだなあ!」って思うよ。


そんな地方廻りをしていると、やはりいつも楽しみに見に来てくださる支部、支部長もいらっしゃれば、不審に思われてか何遍ご連絡しても一人も来て下さらない支部、支部長もいらっしゃる。「電話で済ますなんて生意気だ!挨拶に来い!」と怒鳴られる支部長もいたなあ!よほど偉い人なんだろうなあ!!本当にいろいろいらっしゃる。「唯のご挨拶なんだけど、難しいなあ!!」っていつも思う。だから、この頃はついつい歓迎してくださるところにだけってことになってしまうんだ。いけないんだろうけど、ご迷惑になってしまってもね。笑)


写真は始めて小倉で個展をした時に集まって下さった北九州と山口支部の皆さんなんだ!!来年も北九州にお伺いします。いつも有難うございます。皆さんとお目にかかり焼酎を傾けることいまから楽しみにしてますよ!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。