スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Baby Don't Cry  

2月28日・・・ここ数日すっかり春めいてきたきょうで2月も終わりいよいよ3月・・・花粉も凄い(^_^;)

今週は広島三越に来ているよ⇒
http://blog.livedoor.jp/jaurnk0721/archives/65782150.html

月初の函館は雪と寒さにやられたけど・・・広島も厳しいなぁ(^_^;)
http://84620264.at.webry.info/201402/article_1.html

広島を3月3日に終えてアトリエに戻ってもすぐ5日に四日市近鉄に出かけて6日から挨拶回りが始まる⇒
http://blog.livedoor.jp/jaurnk0721/archives/65783167.html

四日市が19日に終わるとまたまた24日に佐賀玉屋・・・こちらは4月7日までなので3月はほとんどアトリエにいないってか制作が出来ないのでご注文の作品はもう少し・・・GW開けまでお待ちください!!

なんて・・・気分はもう3月の会場に行ってるよ(^_^;)

そうそう・・・我が家の8ノマド猫のうち5匹が♀猫なんだけど・・・どうやら3匹はお腹が大きくなって来たらしい!!

去年の春に懐妊した2♀猫は子育てのヒモジさに懲りたらしくことしは♂猫が近づいてくると逃げ捲っているので・・・それでもまた10匹くらいは増えちゃうのかなぁ(・_・;)

子育て中の痩せ細っていたミャー⇒
みゃあ 我が家のノマド猫・ミャー

GW頃には我が家は20猫くらいになってるんだろうなぁ・・・扶養猫のためにも頑張っていい作品を作らなきゃ(^。^)y-.。o○

スポンサーサイト

サマージャム 

7月30日晴れ・・・きょうも暑い↓!!
http://84620264.at.webry.info/201207/article_5.html

僕の夏休みってか夏の制作期間もきょうで終わり・・・いよいよ明日の10:55発のAIRで下関に入るよ。。。海に囲まれているし埼玉よりはいくらか涼しいかも知れない(^^)

そうそう・・・ロンドンオリンピックも始まったことだし。。。たまには旅の思い出ってかロンドンの事でも書こうかなぁ!!

もともとUKにはあまり興味がなかったので・・・ってかイギリス人の特に田舎の人たちは日本人が大嫌いだろう。。。僕が直接経験したことはなかったけど70年代くらいでもまだ地方に行くと「日本人と犬お断り」なんてホテルがたくさんあったらしい・・・

・・・とUKからパリに入ってきた日本人バックパッカーからよく耳にした。。。まぁオランダも同じようなものだったみたいけどね!!

でも・・・オランダの文化には興味があったので70年代80年代にはよく通ったけどさ(^^)

ってわけで・・・AIRの乗継なんかで仕方なく通過したことはあったけど。。。まともに旅のコースに入れたのは1990年のたった1度だけだった!!


いつもは一人旅なんだけどその年はFREEの仕事友達とちょうど契約の切れ目が重なったので・・・3月2日~23日の3週間の男の二人旅をしたんだ(^^)

コースはまずJALでロンドンに入り・・・それからイベリア航空でマドリッド⇒アテネ⇒ローマ・・・そこから列車でフィレンツェ⇒ベネチア⇒マントバ⇒ルツェルン⇒パリ・・・でJALで帰って来る!!

あのころはまだカペル橋は燃えてなかったしJALも元気だった・・・ユーロも導入されていなかったので物価も安くて楽しい旅だったなぁ。。。

ってか・・・ロンドンの話だったね(^^)

2日の夕方にヒースロー空港に着いた・・・で。。。いつもなら初日は馴染みのホテルをリザーブしておくのにロンドンはほぼ初めてだったので・・・いきなり迷子になっちゃったよ(>_<)

いつもながらの乏貧旅行だったので裏通りの安ホテルを取ったのが悪かった・・・TAXIにホテル名や住所を告げても分からない。。。あっ・・・僕の発音が悪かったからじゃないよ。。。こういう時は必ず紙に書いて見せることにしてるからね!!

けっきょくたどり着いたのは20時過ぎ・・・そしたらもうリザーブを落とされていた(x_x)

でもね・・・宿泊代は前払いしているんだから「日本人だからって舐めるなよ・・・ダブルブッキングだろ」と断固戦ったら近くのワンランクのホテルを取ってくれた!!

そんなこんなで疲れ果ててロンドンに3泊・・・まぁお登りさんが行くようなところはたいがい廻って5日の早朝。。。寝ぼけ眼でマドリに移動するAIRのヒースローに向かう地下鉄の中で・・・気付いちゃったんだよ。。。

よくよくAIRのチケットを確認したら・・・僕の乗るAIRはガトウィック空港発だった(>_<)

もうタクシーを飛ばしても間に合う時間じゃなかったから・・・そのままヒースロー空港に直行。。。

カウンターでひたすら英語もフランス語もまったく分からない世間知らずの田舎者になって「このAIRはどのGATEから出るのか?」と聞き続けたら。。。

心がけがよかったのかなぁ・・・ちょうど同じような時刻にマドリに飛ぶイベリア航空の便があって。。。格安航空券だったのに追加料金も取らずに振り替えてくれたんだよ!!

まぁ・・・スタンバイってことだったので乗れるって確約はくれなかったんだけど何とか滑り込めた。。。で結局乗るはずだったガトウィックからのAIRよりにマドリに着いちゃったよ・・・だからアバウトなスペイン人は好き(^^)

そのあとも珍道中が続くわけだけど。。。それ以来ロンドンってかUKには行っていない・・・

なのに後日談があって・・・数年後献血をしようと思ったら。。。1990年にUKに1泊以上した人は出来ない・・・なんて断られちゃった。。。UK嫌いへの祟りはまだ続いていたんだ(>_<)

でもね・・・2~3年前かなぁ。。。ようやくその制限も外れたらしいんだけど。。。それっきり献血には行っていない(^^)

なんてくだらない事を「ロンドン」って聞くと思い出しちゃうんだよ!!

エイリアンズ 

http://www.youtube.com/watch?v=AwxNaRixAUk

4月27日晴・・・心地よいが吹いている。。。こんないい日にいったい僕らは人生の中で何度くらい出会うとが出来るんだろうか!?

僕は思わず神様に感謝するのと同時にこんなお願いをしたくなるよ・・・懐かしいあの人に一度でいいから会わせて下さいってね。。。ちょとドストエフスキーみたいな言い廻しになっちゃったなぁ・・・さっき飲んだビールのせいだよ。。。昼間のアルコールは効くねぇ(^^)

会いたいって思うその子とはね・・・小学校の6年生の時の1年間だけ一緒のクラスだったんだ。。。放課後に一緒に遊んだこともないし家も知らない・・・卒業式が終わるとまたすぐに引っ越して行っちゃったから。。。同窓会をやっても一度も出てきたことはないんだ!!

彼女の名前は六車友子ちゃん・・・北海道からの転校生だった。。。炭鉱が閉山になってお父さんが職を求めて家族を連れて越して来たんだよ・・・一時。。。化学コンビナートの誘致で潤っていた僕の町にね!!

当時彼女の家も僕のところと同じで貧しかった見たくていつも同じ服を着て・・でも小ぎれいだったなぁ。。。

前にも書いたけどそのころ僕はいじめに遭ってちょと傷ついていたし・・・当時の担任がいわゆる赤って言うか学生運動バリバリの変な正義感を持った人で・・・僕のうちが商売をしているというので。。。そんなに豊でもなかったのに僕に向かって「おまえの親父は搾取している」なんてような事を言われたりしたもんだよ・・・ああいう困った教育者がいたんだよねぇ・・・あの頃は。。。

労働階級と搾取階級・・・商売ってか家も少しだけど使用人いたよ。。。で・・・当時世界に13共産主義国があってその13の強い鎖の連結なんて事を美化して語っていたよ・・・学級文庫なんかにもそういう本が並べられていたっけ。。。

僕は当時もイデオロギーは何もなかったし・・・大人は若者がアメリカ文化に陶酔することを毛嫌いしていたけど。。。僕はソ連よりアメリカの方がずっとましだと思っていたし・・・そういうことははっきりと公言していたから。。。その教師にもずいぶんと苛められたんだ。。。

通知表なんかも普通の教科だと客観的評価ってかテストの点数がはっきりしているからさすがに1や2は付けられなかったけど・・・僕の人生の中でたった一度の[1]を小学校6年生の3学期の美術でその教師からもらったよ(^^)

そんなだったから・・・ほかの生徒だって感じるだろう・・・あいつと仲良くしていると損だ。。。なんてね・・・で。。。僕は集団登校なんかの時でもいつも一人うつむいて石ころを蹴飛ばしながら後ろから歩いてたんだ(>_<)

でもね・・・彼女だけは違ったんだよ・・・小学生だから教室ではごとに机をくっ付けて授業をしていたんだけど。。。彼女の隣の子が休んだりすると必ず「じゅん・・・こっちにおいでよ」って僕のことを誘ってくれたんだ。。。そうは言われても勝手に席は変えられないだろう・・・それに恥ずかしかったし!!

でも僕はよほど浮いていたんだろうね。。。転校してきたばかりの彼女がそんなことを言うんだから(>_<)

その頃の僕の心の支え彼女だけだったんだよ・・・だけど卒業式が終わると彼女は九州に転校して行っちゃったよ。。。どっかの炭鉱でお父さんの仕事が見つかったとかあとで聞いたなぁ・・・まだ昭和40年代の初めの頃のことだから。。。いくつか掘れる山はあったんだろう・・・当時の炭鉱の映像なんかをいまNHKのアーカイブスで見たりするとなんか泣けてくるんだよね。。。

彼女はこういう暮らしぶりをしていたのかなぁ・・・なんて想像してね。。。一山みな家族って言うんだろう・・・山では。。。だからあんなに優しかったんだよ!!

あれから九州の山も次々に閉山になってみんな山を降りて・・・苦労したんだろうなぁ。。。きっと!!

どうしても会って見たいよ・・・変わった苗字だからわかるんじゃないかなぁ。。。北海道か九州のみんな・・・何か情報があったら教えて欲しいんだ・・・六車なんて苗字どの辺に多いんだろう。。。僕は彼女以外には知らないんだけど・・・そんなことも知ってる人は教えてくださいm(..)m

じゃあ六車友子さんに↓↓!!

http://www.youtube.com/watch?v=-f0iH9b-hBM

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。